全体的に少ないペット可物件には2種類あると知っておきたい

ペット可物件の割合は5%程度と考えておく

賃貸物件の多くは、ペット不可となっているケースが多いです。なぜなら、騒音とトイレの始末の問題が常に存在することから、入居者同士が揉める原因となるケースもあります。また、入居後に内部をペットが汚してしまう可能性が高く、特に猫については柱の爪とぎ問題が深刻となるので、制限が厳しくなります。しつけがしっかりと出来ている犬のみ可という物件が多いのは、しつけが出来るかどうかというペット側の特性が問題とされるからです。ペット可物件の割合は1割にも満たない状態ですから、5%程度の数しか無いと考えておくと良いでしょう。

ペット共生住宅ならば安心出来ます

賃貸物件の中には、ペット共生住宅という種類の物件が存在します。入居者がペットと共に生活することを前提に設計されているので、最初から足洗い場が設置されていたり、ペットのトイレ処理をしやすい構造として設計されています。室内の壁紙についても床面から70cmや1m程度までを退去時に貼り替えしやすいように最初から見切り設計されているわけです。ペット共生住宅の人気は、賃料がそれなりに高いにも関わらず人気で、空きが中々出ない状況にあります。

ペット可物件の情報は常にチェックしておきたい

ペット可物件の中には、不人気物件すぎて大家が入居者を確保するために後からペット可とする例が見られます。入居者の中にはペット不可の契約で入っている人もいるので、後から入居した人とのトラブル原因となりやすいので注意が必要です。ペット可賃貸物件の数は、元々少ない上に一度入居すると転居する人が少ない特徴があります。次回更新日から余裕を持って半年前から賃貸物件を探している人も少なくない状況ですから、常に空き情報を確認しておくことが大切です。

旭川の賃貸では、日当たりや設備内容をはじめとした様々な点にこだわりながら物件を探せるため、より快適な住環境が手に入ります。