土地を手に入れたときの賃貸経営!代表的な3つの例

最も典型的な賃貸マンション経営

土地を手に入れたときの賃貸経営の方法として最も典型的なのがマンションを建てて経営する方法です。家賃を稼ぐという考え方で最も優れている方法であり、部屋の数を増やし、設備を充実させるほど収入額が大きくなると期待できます。大きなローンを組んで建てた場合にも完済してしまえばマンション自体が自分の資産となるため、毎月収入が得られることに加えて数十年の計画で大きな資産も築けるのが賃貸マンション経営のメリットです。

手軽に始められる駐車場経営

マンション経営のように大きなローンを組まずに手軽に始められるのが駐車場経営です。更地のままでも駐車場として経営できますが、アスファルトで舗装する程度はした方が快適に利用してもらえるでしょう。狭い土地でも活用しやすいのがメリットであり、初期投資額も数十万円程度です。さらに狭い場合には駐輪場として活用することもできるため、狭小地を手に入れたときには駐車場や駐輪場の賃貸経営を考慮すると着実に稼げるでしょう。

土地を賃貸するのも可能

駐車場や駐輪場よりもさらに初期費用をかけずに行える賃貸経営は土地そのものを賃貸するものです。立地が良くなければ借り手がつきませんが、大通りに面していて適度な面積があればコンビニや飲食店、スーパーなどのチェーン店が目をつけてくれます。長期的に借りてくれる可能性が高く、ただ土地を貸すだけなので初期費用が一切かかりません。魅力のある土地が手に入ったときにはそのまま貸しに出すのも考慮してみると簡単に稼げる可能性があるのです。

賃貸は漢字の意味通り貸す方を意味します。建物や敷地の賃料を取り、相手に物件等を貸し出すことをさします。